Let Success

介護する事で得るものと、失うものとは何か?

自分の親が介護必要になったら?

自分の親が介護必要になったら、特にサラリーマンなど会社勤めの方には仕事と介護両面を視野に入れて生活する事を余儀なくされるでしょう。果たしてそれが可能なのか、仕事と介護を両方行うにはリスクが伴います。仕事は自分のライフワークとも言われますが、介護になると仕事終わってから家でやる仕事になります。体が休まらないのも事実ですし、一人でやるべき仕事ではないのが介護です。既婚者ならば、分担しあって要介護者を支える生活を送ります。介護を始めると正解のない仕事ですし、ゴールが見えないのも余計に精神的負担も増します。

介護する事で、気づいた発見

介護は一人で出来ますが、決して平坦ではないだけに、誰かに相談しないと一人で抱え込んで介護支援者が倒れてしまっては厳しいでしょう。一人で悩まずに介護の専門家に相談するのもありですよね。お金のリスクもありますが、先ずはどのように介護するかを検討しましょう。介護は重度であればあるほど、要介護者も介護者も肉体的にも精神的にも負担を増します。自分一人でやるよりは第三者の存在も欠かせませんよね。最初は知らないもの同士ですが、関係を持つ事でよりコミュニケーション力が強化されて一人じゃないと実感できるでしょう。仲間の存在が介護を通じて発見できれば大きいですよ。

若くても介護必要になる?

お年寄りばかりが介護者になると見られがちですが、若者特に中年層も介護がなくては生きていけない人も存在します。事情がどうであれ、お年寄りの方が我が子を介護しなくてはいけないケースも存在します。働き盛りの中年層にとっては不慮の事故などで働けなくなるのは本意ではないでしょう。介護は助け合いでもありますし、支えられている気持ちがあれば多少苦にはならないです。長年介護していると良くなるケースもありますが、基本は現状維持させる事が今できる最善の介護方法です。

介護に就職をするのでしたら、介護専門の求人サイトで求人を探すとよいでしょう。一般には公開されていない好条件の求人を探すことが可能になります。